私たちについて

中食安康(北京)科技発展有限会社は1998年に創立され、2009年には前身から現会社に改組しました。健康食品、新食品原料、食品添加剤などの健康に関する製品の法規コンサルティング、代行登録などの業務に特化しています。 

同社が食品、医薬、生物、工商管理などの専門技術者40人で構成されたサービスチーム、各専門技術委員会と検査及び評議審査機関の専門家顧問団体を持ちます。 

食品、医薬品などの健康関連製品に関する各項法律、規制、技術規範などに対すて、システム、正確、深く掌握して、検査測定、技術評議審査と行政審査のプログラムを熟知しています。関連業界の発展現状と傾向を深く理解し、新技術の発展動態を把握し、違う甲の需要を満たすことができ、全面的なサービスを提供します。

北京、上海、広東、雲南などの地方で長期的な協力小型試験室、パイロット生産拠点を持っています。試験試作チームが経験豊富で、資質がそろっています。

私たちが製品の設計、調合指図書/工芸/標準研究、サンプル試作、登録検査、申告から、登録批準文書の獲得までのシステムサービスを提供します。

主要な業務:

1.健康食品、新食品原料、食品添加剤などの健康関連製品の法律法規コンサルティング、新品開発コンサルティング、市場案コンサルティング、技術交流サービス及び成果譲渡サービス、

2.保健食品、新食品原料、食品添加物などの代理申告、

3.展覧展示、学術交流、業界フォーラムなどの業務を引き受けます、

 長期的なパートナーが多くの国内外の有名な企業と新興企業を含みます。健康食品などの代行登録900数項を無事に終瞭し(その中には輸入品60数項)、新しい食品原料代理申告50数項(その中には輸入品30数項)、食品添加剤の登録と研究30数項(その中には輸入品10数項)、製品開発と登録する過程の中の大量実際問題を解決し、制品の登録時間を短縮し、登録費用を節約し、パートナーの新制品が早めに市場に投入させました。

 中国保健協会の依頼を引き受け、中国保健協会保健相談サービス仕事委員会の法規コンサルティングサービス、製品登録サービス、展覧展示、学術交流などの日常仕事を引き受けます。同時に中国保健協会を代表し、積極的に政策法規の制定、改訂仕事にかかわって、衛計画委員会とCFDAの課題研究プロジェクトを受けます。

誠実をもって本とする発展理念どおりに、医薬保健業界向け、専門、便利、高い価格性能比、多様なコンサルティングサービスの提供することを通じて、パートナーが自身優位を発揮することに協力し、最大利益返すを取得させます。